時計をつける理由

私が時計をつける理由

色々な装飾品がある中で私が唯一つけるもの。それが時計です。

ネックレスや指輪などをつけるのは、ほぼないですね。

よっぽど暇な時くらいですかね。服着て、顔なんとかして、そこから指輪やネックレスをつけることを思い出す時なんて。

 

もちろん、小学生の頃にシール集めにはまったように、指輪に関心を持った時期もありました。

しかし、パソコン作業をするにしても、何をするにしてもとにかく邪魔なんですね。

 

はっきり言って、時計も邪魔です。

今のこのパソコン触っている間も時計は基本外しています。

 

室内にいる間は掛け時計があるので腕時計が無くても問題ないのですが、どこにいても携帯で時間を見る癖がついている人は要注意です。

 

作業中・勉強中に時間を確認したくて、携帯を見てラインが来ていたらどうしますか?

全く気にならないならOKです。

少なくとも、私は確認してしまったらすぐに返信をする癖がついています。

ただ時間を確認したかっただけなのに作業がとまりますよね。

 

また作業に戻ろうとするとそこでまた無駄な時間をとることになるでしょう。

 

基本的に私は天気・災害通知以外の全ての通知を切っています。

理由は言い方が悪いかもしれませんが、自分の作業を邪魔されたくないからです。

 

携帯は自分が確認しようと思った時・別作業に移る前に確認することが多いです。

作業の途中で確認するなんてこと、本当に無駄でしかないと思っています。

 

時計は本当に素晴らしいものだと思います。

学生にとっても模試・受験などの場面で時計を持つ必要があるかと思います。

早めに自分にとって使いやすい時計を手に入れてほしいと思います。

9 thoughts on “私が時計をつける理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。