参考書 勉強

成績が上がらない中3生へ

毎年夏休みとなると、各塾で集中講義という形で最後の追い込み授業が行われたりするだろう。

今年学校の機関が伸びたりとなかなか集中講義という形をとるのは難しいだろう。

 

そこで、夏でしっかり上げようと思っていた中学生にとっては不安な年かもしれない。

 

しかし、、はっきり言おう。

夏で成績を上げようなんて甘えたことを言ってはいけない。

今までの約2年半、成績を上げることができなかった自分がたった1カ月で成績を上げることができるなんて思っているのか?

 

今この瞬間からずっと頑張ってようやく受験を制することができるのだ。

 

ここで誤解がないように、頑張るの基準を示しておく。

頑張るというのは、自分のしたいこと、遊びたいこと、全てを諦めて。ということだ。

 

もし部活などで無理なのであればその分、妥協するしかないのだ。

自分のやりたいことを優先すれば、その分、勉強時間が削られるのは明白だ。

 

「頑張ったのに結果がでなかった」

という言葉を聞くと、いつも聞き返す。

どれだけ頑張りましたか?

頑張った証拠、どこにありますか?

 

私は中学時代、一度たりとも悪かったな・・と思う点を取ったことはない。

 

私が自身が経営する塾のパンフレットにも書いている言葉をここで紹介したいと思う。

 

松浦清(まつらきよし)の言葉

勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。

 

 

負けるには負けるだけの理由が必ずあり、自分もその理由に気付いていると思うのだ。

現実から目を背けるのはもうやめよう。後悔ないよう、しっかり自分と向き合う。悩んでいる暇などどこにもない。

 

この言葉を胸に、結果の出るような毎日を意識し、自分の努力は決して裏切らないことを自身の人生を通して示していきたいと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。