子育て方法

夜にするべきことを決めておく

家族の予定で朝から外出することってありますよね。

 

毎日何かをしようと思っている人にとっては、遊びに行く日も、勿論旅行の日も、その日になにをするかを考えます。

30分以上のまとまった時間があればその時間内にできることを用意しています。

例えば、1時間とれるなら、数学の問題集を解く。

2時間とれるなら英語の学習に時間を使う。

30分しか取れないなら読書をする。

などなど。

時間ができた瞬間にその行動がとれるように職場・家のどちらにも勉強道具の準備は置いてある。

 

本に関しては基本カバンの中に入っている。

もちろん、電子書籍を読んでいる時もある。

とにかく人との待ち合わせにしても、外では3分ほどもあれば必ず本を読み始める。

周りの人を見ていると、なんだかんだ短い時間を無駄に使っているな気がする。

勿論、SNSで何か収入を得ている人などは時間を有効に使っている人もいるかもしれないが、ただ単に一般の人が友人とのコミュニケーションの一環として行っていると考えると本当に時間を無駄にしているように感じる。

例え、短い時間でも勉強をしようというその気持ちを持ち続けることが何よりも大切なことだと考える。

毎日、今日もやれるだけのことはやったと思いながら眠ることはよい睡眠に繋がる。

 

自分事で言うと、近頃はお盆ということもあり、家族で過ごす時間も多く、なかなか勉強のために時間を使うことが難しい。

しかし、外で働いている時に、1日のうちでほんの数分も勉強に時間を使えない現状に満足できず、今は、仕事自体が勉強になるように自分で塾を始めた。

夜の時間を使って、授業とは関係ない自分の学習のための時間を取得している。

 

毎日続けることに重きをおいてほしい。

毎日で見ればほんの少しの時間だけれども、いつの間にか、届かないと思っていたところに到達していたということは身を持って体験している。

ぜひ、自分の時間をかけて自分に投資してほしいと願う。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。