身の丈ってなんだ。

大学入学共通テストに関する、文部科学大臣による「身の丈発言」。

そんな感覚でやっているから、

今の日本には「教育の平等」があるとは到底思えない。

平等なんてそう簡単に維持できないことは解る。

だからこそ、本当に平等なものを大事にしたいと考える。

それは「与えられた時間」

だからこそ、子どもの「時間」を奪わないでほしい。

お手伝いをすることはとても大切だけれども、

もし、もっと勉強してほしいと願っているのならば、

できるだけ子どもたちに自分の時間をあげてほしい。

そして、勉強できる環境を作ってあげてほしい。

ぜひ、そんな発言をしてしまう文部科学省の方々には、「身の丈にあった」お立場を。

教育とは。

小さい塾でもできることとは。

たった一人でもできることとは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。