アウトプット

言葉にすること

一番習得できる勉強方法ってなんだと思いますか?

 

それは言葉にすることです。

別に他の人が紡いだ素敵な言葉を復唱しても構いません。

 

私の好きな言葉の一つである、マザー・テレサの言葉があります。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

考えるだけなら大丈夫。

人の悪口を言わない。

昔からそう習ってきませんでしたか?

 

それは日本人における考え方です。

 

英語の文法を習った時にハッとすることはたくさんあります。

 

例えば、

言うこと」と「思うこと」は神の存在を認める人の考え方ではほぼ同じなんです。

実際に文法上の共通箇所も見受けられます。

 

大多数の日本人のアタマの中に恒に神はいないということです。

自分の考えていることは自分だけのものという考え方がデフォルトとして存在する訳です。

 

しかし神の存在を前提としている人たちにとっては、思った時点でもう神に見透かされている訳です。

それがよくないことを考えていたのであればその時点で罪なわけです。

実際に海外の演劇の中でも、そういった場面というのが見受けられます。

 

彼女の言葉の通り、思考によって人生は大きく変わるでしょう。

 

しかし、思考から始めることよりも、もっと早く成長することもできます。

それは、行動してしまうことです。

自分をもう逃げられない、努力するしかない状態にまで追い込むことです。

 

何かアウトプットをしなければいけない状況に立たされた時にどうするかというと、たくさんの事実・情報収集に多くの時間を費やすことになるでしょう。

そこで得られるものは多くの知識と情報収集能力です、

 

大学生の頃、わからないことがあれば自分で検索し多くのことを学んでいました。

そのおかげでわからないことが出てきたら、その場で調べればいいということを経験として知る訳です。

するとその繰り返しによって調べない人とは全く違うところまで成長することができるのです。

 

かつては本からしか得られなかった知識をいつでも無料で得ることができるようになったのです。

そして情報の質、どこで情報が得られるかなどは経験することによって次第に短時間で有益な情報にたどり着くことができるようになるのです。

 

優秀な大学院生などと話をしていると、彼らの情報収集能力は並外れたものであると気付かされます。

瞬時に多くの情報を集め、事実ベースで話をすることができる点において、私も学ばなければいけない部分ばかりです。

 

情報収集の能力を上げる練習はアウトプットのみです。

インプットの繰り返しよりもアウトプットしなければいけない状況に自分を置くこと。

例え、それがうまくいかなかったとしても得られるものはたくさんあります。

 

毎日の行動を大事にしましょう。

そして自分の言葉で表現する練習を積み重ねましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。