成熟社会

成熟社会でどう生きるか これからの生き方

私たちは成熟社会の中で生きている。

あまり聞き慣れない言葉かもしれないが、成熟社会とは完全に出来上がってしまった社会ということだ。

実際に日本は戦後から類まれなる成長を遂げ、とにかく必死に真面目に働く工場人間を生産し続けた。その結果、日本は敗戦国であるにも関わらず、世界を率いる国へと成長したのだ。

しかし、1997年、成長社会は不況と共に終焉を迎えた。

今までは型に沿った生き方が正しく、それに従っていれば幸せになれるという幸福論が存在したのだ。

 

しかし今は完全に異なっている。

もう画一的な誰かが提案してくれる幸福論などはなく、

自分自身で幸福論を構築していかねばならない時代がやってきたのだ。

そのためには教養が必要であり、読書が必要不可欠になるのだ。

 

私自身、新しいことを学ぶのが好きで興味が湧くと、一旦それに関する専門書・一般書含めて3冊は読むようにしている。

その間ででてくる疑問を解決するためにインターネットの情報を使うことがほとんどである。

 

様々な分野を勉強しているひとに対して、何か一つに集中した方がいいのではないかと思う人もいるだろう。

もちろん全てを暗記できるほどの人間ではない。

しかし勉強をすると、こんなことあったよなぁと、少し記憶に残っている時がないだろうか。

そんな時に過去自分の読んだ文献から見つけて再度、知識を復活させることができる。

それこそ、本を読んでいない人にはない力なのだ。

勿論、全く触れたことのない分野のことに関しては最初からインターネットになってしまうこともある、しかし、何かの課題であれば必ず文献を読むようにしている。

本を選ぶ時はネットで検索してもいいだろうし、あまりにも専門的なことであれば、検索にひっかからないため、そのときは大学図書館・大きな図書館などを使用していれば便利だろう。

そこで良い本を探し、自分に合っているものを購入すると間違いないだろう。

 

しかしふいに疑問に思った時に何ごともなかったかのように次の課題に行く人も少なくない。

ネットえ調べるなんて、本の数分のことではないか。

ネットと本をうまく活用できる、その力を学生の間に身につけてもらいたいと思う。

3 thoughts on “成熟社会でどう生きるか これからの生き方

Comments are closed.